プログラム1

食べものの正体を考えてみましょう。

 

例)干瓢は何からどうやって作られていますか?

   豆腐は何からどうやって作られていますか?

   牛乳からカッテージチーズを作ってみましょう。

 

プログラム2

保存食はなぜもつのでしょうか?科学的にどう説明したらよいでしょうか?

 

例)ジャムはなぜ長く保存できるのでしょうか?

  生の大根に比べて切干大根が長持ちする理由はなんでしょうか?

  牛乳に比べてチーズが長持ちするのはなぜでしょうか?

  山菜の塩漬けが1年もつのはなぜでしょうか?

 

プログラム3

食べものと色との関係について考えてみましょう。

 

例)紅茶にレモンを入れると色が一瞬にして変わるのはなぜでしょう?
紫色の野菜の色は加熱すると色が褪せたり、消えたりします。なぜでしょう?

 

プログラム4

食べものと温度の関係を考えてみましょう。

 

例)白身と黄味が固まる温度を調べて、温泉卵を作るのに理想的な温度を考え、温泉卵を作ってみましょう。
肉は生だと赤っぽいのに焼くと色が変わります。なぜでしょう?
白玉団子が茹で上がると、なぜ水面に浮いてくるのでしょうか?考えてみましょう。

 

プログラム5

食べものと気圧の関係を考えてみましょう。

 

例)袋菓子をもって富士山に登ります。さて、袋菓子の袋はどうなるでしょうか?
  高い山の上でお湯を沸かしてみました。沸点は何度でしょうか?

 

>>HOME